“永久脱毛”というワードはよく耳にすると思いますが、実際にはどういうものなのか理解できていますか?永久脱毛をする上で後に後悔をしないように、おさらいをしておきましょう!

永久脱毛をすれば、永遠に毛は生えない?

今後永久脱毛を考えているという人も多いと思いますが、そもそも「永久脱毛」とはどのようなものでしょうか。

永久脱毛の‟永久”とは、FDA(米国電気脱毛協会や食品医薬品局)で定められていて、「3回の脱毛施術後、6か月経過した時点で、毛量が67%(2/3)以上減少していること」と、「最後の脱毛から1か月後に、再びけが生えてくる確率が20%以下であること」という定義になっています。

つまり、永久脱毛をすることで永遠に毛が生えてこないわけではないのです!

永久脱毛の施術方法は、主に3種類!

永久脱毛には、いくつか施術方法があります。有名な脱毛サロンで行っているのは、主に下記の3種類です。

【レーザー脱毛】
美容外科・クリニックでの主流の施術方法。医療機関でのみ行えます。
皮膚の表面にレーザーを照射することで、毛母細胞・毛乳頭を破壊する方法です。
メラニンと呼ばれる毛の黒い色素にレーザーの光が反応して熱が蓄積され、毛の育成に重要な役目を果たしている毛根を焼いて破壊します。

【フラッシュ脱毛(光脱毛・IPL脱毛)】
カメラのストロボのような光で、毛母細胞・毛乳頭を破壊する方法です。
光のエネルギーがメラニンに反応して、毛根を破壊するという点はレーザー脱毛同様です。

【ニードル脱毛】
毛穴に針を刺して弱電流を流し、毛乳頭を破壊する方法です。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛よりも以前から行われていた、永久脱毛の施術法です。

永久脱毛の施術方法別のメリットとおすすめ部位は?

3種類ある永久脱毛の施術方法ですが、それぞれに向いている部位と、メリットがあります。

【レーザー脱毛】
向いている部位…ワキVラインや脚の太い毛
メリット…痛みが少ない・施術が短時間・医療機関のみの対応なので安心

【フラッシュ脱毛】
向いている部位…ワキ・Vライン・腕や脚の太い毛
メリット…痛みが少ない・施術が短時間・照射範囲が広い

【ニードル脱毛】
向いている部位…日焼けした部分もOK
メリット…永久脱毛効果が高い

永久脱毛の施術方法別のデメリットとは?

一方で、向いていない部位や不向きな人、デメリットもあるので要注意!

【レーザー脱毛】
向いていない部位…日焼けしている部分
デメリット…色の薄い毛・産毛に反応しない可能性がある

【フラッシュ脱毛】
向いていない部位…日焼けしている部分
デメリット…色の薄い毛・産毛に反応しない可能性がある

【ニードル脱毛】
向いていない人…痛みに弱い人
デメリット…痛みを伴う・長時間の施術・脱毛士の技量が影響する

自分がどんな永久脱毛をしたいのかを事前決めて、それに合わせた方法を選びましょう!