脱毛サロンや医療脱毛のクリニックで脱毛の施術を受けることを決めたのは良いものの、事前準備にどのようなことが必要なのか、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。当日の服装に気を付けるだけでなく、実は事前に自己処理をしておくことが必要なんです!服装や持ち物、どれくらい自己処理をするのかなど、疑問に感じる点を解決し、スムーズに脱毛を受けられるように準備をしておきましょう。

いつまでに自己処理をすればOK?

脱毛の施術を受ける前に、自己処理をする必要があります。では、いつまでに自己処理をしておくべきなのでしょうか。

正解は「施術日の前日~3日前まで」
毛が生えてくるスピードには個人差があり、また部位によっても異なりますが、前日までに必ず自己処理しておく必要があります。

もし自己処理が原因でトラブルを起こしてしまった場合には、サロンで脱毛を断られてしまうことも。
肌が弱い方や自己処理が苦手な方は、肌を休ませる猶予期間をみて2~3日前までに処理しておくようにしましょう。

自己処理は、必ず電気シェーバーで!

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、自己処理には電気シェーバーが推進されています。

その理由は、直接肌に触れず処理ができるので、負担がかからないから。
一方カミソリは刃が直接肌に触れるので負担がかかります。それだけでなく乾燥やダメージの原因になるので、脱毛時に肌へかかる負担が大きくなってしまうのでNGです。

同様に肌への負担を考えると、毛抜きやワックス、除毛クリームを使用した自己処理は避けたほうが良いでしょう。
特にワックスや除毛クリームは、毛を溶かすことで処理をするアイテムなので、肌への負担が大きくなることもあるので、脱毛前の自己処理には不向きです。

自己処理で剃り残しがあった場合は?

事前に十分に自己処理をしておいたつもりでも、剃り残しがある可能性も考えられます。その際、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、どのようなサービスがあるのでしょうか。

大手脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、大抵の場合手の届きにくい部分の剃り残しに関しては無料で対応をしてくれます。しかし一部のサロンではシェービング代が発生したり、未対応というケースもあります。

だからこそ、事前の自己処理はしっかり行いたいですよね。
剃り残しに関して不安がある場合には、事前に施術を受けるサロンへ問い合わせておくと安心ですよ。

当日の服装は、基本的に何でもOK!

施術当日の服装についてですが、基本的にはどのような服装でもOK!
‟着替えやすい”というポイントを網羅しておくと、当日施術前にもたもたする心配がありませんよ。

脱毛をする部分を露出した服装だと、着替えの手間が省けるケースも!
例えば、脚を脱毛するのであればショートパンツを履いていると、着替えをせずそのまま施術を受けられるサロンもあります。
施術前に施術着に着替える前提で行くのであれば、肌当たりの良い素材を重視して服装を選ぶことをおすすめします。

施術後の刺激を受けた肌は、摩擦や擦れなどに敏感になりがち。だからこそ、肌に優しい素材や摩擦が少ない服装を意識することが、ストレス軽減につながります。
他にも、清潔感を心掛けることも大切!
あくまで肌を見せる施術なので、施す方も受ける方も、気持ちよく過ごしたいですね。

初めて脱毛サロンや医療脱毛クリニックに足を運ぶ際には、緊張してしまいがち。だからこそ、事前準備をしっかりと行うこので、安心して施術を受けることができますよ。
不安な点がある場合には、安心して施術を受けるためにも、必ず事前にサロンへ問い合わせを済ませておきましょう。

編集部が厳選した脱毛サロン

おすすめ① STLASSH

全身61ヶ所初月0円!SHR脱毛で最短6ヶ月で脱毛完了!


全身脱毛専門店 STLASSH

おすすめ② キレイモ

他サロンからののりかえで最大15万円オフ!平日午後限定でのお得なプランも。北海道から沖縄まで全国店舗で21時まで営業していて通いやすいのもポイント!


キレイモ

おすすめ③ ラココ

全身脱毛3000円が今なら初月0円! 最短6ヶ月で卒業を目指せる脱毛サロン


脱毛サロン【La coco(ラココ)】


おすすめ④ 銀座カラー

当日キャンセル0円!当日契約割がお得すぎ


銀座カラー

おすすめ⑤ シースリー

ホームケア脱毛器プレゼント中!全部屋完全個室で安心


シースリー