脱毛を初めて行う場合h気になるのは施術による痛み。部位によっても痛みを感じやすかったりするので、事前に把握しておきたいと思うもの。今回は、脱毛に伴う痛みについてご紹介します!

脱毛ってどんな痛みなの?

脱毛ではよく痛みを感じるという話を聞くと思いますが、実際はどんな痛みなのかご存知でしょうか。

よく「輪ゴムを弾いたような痛み」「ピリッした痛み」「熱を感じるような痛み」といわれています。
しかしこの痛みには個人差があります。とても痛かったという人もいれば、全く痛みを感じないという人も。脱毛に限らずですが、痛みに関しては一概にいえないので、参考程度に考えておきましょう。

そして、サロン脱毛なのか医療脱毛なのかでも痛みは変わってきます。
基本的にサロン脱毛は痛みを感じにくく、全身全く痛みを感じないという人も多くいます。しかし、その反対に医療脱毛はサロン脱毛に比べて、パワーが強いマシーンを使うため、痛みを感じることも多いでしょう。

脱毛サロンやクリニックでは事前にパッチテストができるところもあるので、痛みが気になる人はお試ししてみるのもいいかもしれませんね!

痛みを感じやすい部分とは?

脱毛の痛みには個人差があり、痛みを感じる人とそうではない人がいますが、施術を受ける箇所によっても痛みは変わってきます。

VIO
VIOは粘膜も近くデリケートな場所。そして、比較的生えている毛は濃くて太いので、痛みを感じる人も多い部分です。基本的には冷やしてから施術をしてくれるので、多少は痛みを和らげることができますが、あまりの痛みに途中で脱毛を断念してしまったという人も……。


顔は産毛が多く太く毛がこい個所ではありませんが、全体的に皮膚が薄いため痛みを感じることもあります。特に鼻の下とおでこは顔の中でも特に痛みを感じやすい部分かも。また、施術後のトラブルも起きやすいのでアフターケアが大切ですよ!

毛が太く濃い部分は脱毛による痛みを感じやすくなります。や脚はあまり痛みを感じたという話は聞きませんが、もちろん0ではありません。痛みに弱く心配な方は事前に担当者に確認するようにしましょう!

脱毛による痛みを感じやすい人の特徴

痛みを感じやすい人にはある程度共通点があるといわれています。

・毛が濃い人
“毛が太く濃い箇所は痛みが感じやすい”ということと同じで、体毛が太く濃い人は薄い人に比べると痛みを感じやすい可能性があります。脱毛のライトやレーザーは、毛のメラニン色素に反応して毛を生えにくくさせるというもの。そのため、毛の量が多く毛深い人はライトやレーザーの照射時間が長くなり、痛みを感じやすくなるのです。

・肌が弱い人
肌が弱く敏感肌の人は痛みを感じやすいかもしれません。敏感肌の人は通常の肌の人よりも表面の角質層が薄く、刺激に対して敏感になっているため、痛みを感じることもあります。肌のバリア機能が弱まってしまっている状態なので、施術を受ける際にはサロンやクリニックで相談してくださいね。また乾燥肌の人も肌が弱くなっているので、注意が必要です!

・肌の色が黒い人
脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応して効果を発揮しますが、肌の色が黒い人は肌の色にもライトやレーザ〜が反応してしまうため、痛みを感じる場合があります。サロンやクリニック、施術方法によっては肌の色が黒い場合、施術ができない可能性も。そして日焼けをして肌が黒くなってしまっている場合も施術ができないことがあります。日焼けが落ち着いてから施術を受けるようにするといいでしょう。

痛みに敏感な人は、脱毛方法を慎重に選んで!

痛みを感じやすい部分や痛みを感じやすい人の特徴などをお伝えしてきましたが、こればっかりは個人差が大きく影響してきます。これのどちらに当てはまらなくても、痛みを感じる場合もあります。

もし、痛みが怖いのであれば、痛みを感じない脱毛方法を選ぶことが大切です。先ほどもお伝えしたように、サロン脱毛の方が医療脱毛に比べてパワーが小さいため、痛みのリスクを抑えることができます。医療脱毛の方がその分脱毛完了までの期間が短くはなりますが、痛みも感じやすくなるので、どちらを優先するのかしっかり考えてから選ぶようにしてくださいね!

また、医療脱毛でもレーザーの種類が複数あります。使用されるレーザーによっても痛みが変わる可能性もあるので、通う予定のクリニックがどんな機械を使っているのかチェックしてみるのもおすすめです。