サロン脱毛よりパワーが強く永久脱毛できるのが「医療脱毛」。しかし医療脱毛にも種類があることをご存知ですか?詳しい知識をもっているだけでより効果的な脱毛ができるかもしれませんよ!

医療脱毛って?

医療脱毛は毛の組織を壊すことで脱毛が完了する施術方法。パワーがかなり強いので、全身脱毛がで約1〜2年程度で完了するとされています。
比較的早く終わるので、時間をあまりかけずに全身脱毛をしたい人にはおすすめです。

メリットだけではなく、もちろんデメリットもあるのでしっかりチェックしましょう。

医療脱毛のメリット

  • 脱毛完了までの期間が短い
  • 脱毛効果が高く永久脱毛ができる
  • 医療機関でしか行えないため、もしトラブルが起きたときにすぐ対処可能
  • 一度に広範囲の処理ができるため1回の脱毛時間が短縮できる

医療脱毛のデメリット

  • パワーが強いため痛みを伴う可能性がある
  • 自費診療のため費用が高い
  • まれにやけどや肌トラブルが起こる可能性がある
  • 施術期間中は日焼け対策に注意を必要がある

医療脱毛レーザーの種類①ダイオードレーザー

パワーの強いレーザー脱毛ですが、比較的肌へのダメージが少ないとされているのがこのダイオードレーザーです。表皮や周辺組織にはダメージを与えず、処理をしたい毛根のみを破壊するので、肌が弱くて医療脱毛を諦めていた人も、ダイオードレーザーなら挑戦できるかも。

医療脱毛を行っているクリニックでのシェア率も高いので、施術を受けられるクリニックが多いのもメリットではないでしょうか。

医療脱毛レーザーの種類②アレキサンドライトレーザー

日本だけではなく、世界中の医療脱毛でシェアされているレーザーがアレキサンドライトレーザーです。

レーザーは波長が短いほどメラニン色素への反応が強くなり、高い脱毛効果が得られます。このアレキサンドライトレーザーは、波長が短いレーザーなので、高い脱毛効果が得られるのです!

さらにアレキサンドライトレーザーは、メラニン色素にも反応しやすいため、毛穴の黒ずみやくすみ、シミ、ニキビ跡、毛穴の引き締めなどの美肌効果も期待できるといわれています。
しかし、その反対に日焼けしている肌や色黒肌においては、火傷リスクが高まることから、施術をしていないこともあるので、事前のカウンセリングなどで確認することが大切です!

医療脱毛レーザーの種類③ヤグレーザー

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーに比べると波長が一番長いレーザーがこのヤグレーザーです。

波長が長い分、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーに比べると脱毛効果が劣る可能性もありますが、日焼け肌や色黒肌に照射しても火傷がしにくいというメリットがあります。

さらに、皮膚の深くまで届くことから、ニキビやシワ、赤ら、リフトアップなどの美肌効果が得られる可能性も高いんだとか!
高い効果を得られながらも、肌へのダメージを懸念している方にはヤグレーザーがおすすめかもしれません。

医療脱毛に使われるレーザーにも種類があるので、自分の体質に合っているものを選ぶことが重要です。クリニックによって、取り扱っているレーザーが違うので、事前tにチェックしておきましょう。全てのレーザーが揃っているクリニックはなかなかないので、より慎重に選びましょう。医療脱毛は少ない数で永久脱毛をすることができますが、デメリットもあることを覚えておきましょう!