女性にとって永遠のテーマである「ダイエット」。ダイエットの肝となるのはいかにどれだけ脂肪を落とすことができるのか!効率よく、楽しくスタイルアップを目指すために脂肪を落とす方法をご紹介します。

そもそも脂肪がつきやすいのはどこ?

憎っくき体の脂肪!みなさんはどこの部位に脂肪がつきやすいですか?
特に多くの方が悩んでいるのはウエスト・二の・太ももあたりではないでしょうか。

実は年齢によって、脂肪がつきやすい場所は変化するといわれています。
10代は頬やアゴなどのまわり、20代は下腹部や太ももまわり、30代は20代の下腹部や太ももに加えて、二の腕などが挙げられます。

そして、脂肪は「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2つに分かれるのですが、女性は皮下脂肪の方がつきやすい体質なんです。女性は赤ちゃんを産むことができるので、体を冷やさないようにするためにも皮下脂肪がつきやすいのです。

この皮下脂肪は皮膚と筋肉の間につく脂肪で、つきにくいとはいわれていますが、一度ついてしまうと落ちにくいという特徴があり、これが私たちを悩ませている最大の原因!
余分な脂肪はついてしまった場所に合わせて、適切な方法で脂肪を落としていきましょう!

脂肪を落す方法①二の腕には肩甲骨ストレッチ

夏になると多くの人が気にしだす二の腕。ふりそで肉ともいわれ、プルプルと震える脂肪の塊を見ては、ショックを受けるなんてことも多いのではないでしょうか。

二の腕の脂肪を落すためには、甲骨を意識して動かすことが重要です。動かし方はスポーツタオルを両手に持って、上下に動かすだけでOK。動かすときは肩甲骨を中央に寄せるイメージで。

肩甲骨を普段から意識して動かすことって難しいですが、難しい分、しっかり意識して使うことで二の腕の脂肪に効き目があるかも!?

現代人はPCやスマートフォンを使うことで、姿勢が前屈みになり、肩が内側に入ってしまいます。このままではどんな筋トレをしても脂肪を落すことができないかもしれません。なので、まずは肩甲骨をしっかり動かして可動域を広め、脂肪が落としやすい体質にしましょう。

脂肪を落す方法②ウエストは有酸素運動と筋トレ

美しいスタイルのかなめといえるウエスト。お腹周りについてしまった脂肪は付けたくもないし、ついてしまったら一刻も早く落としたいですよね。
炭水化物を抜くダイエット方法も増えてはいますが、やはり効果的なのは体を動かすこと!ウエストの脂肪には「有酸素運動」と「筋トレ」の組み合わせがGOOD!

有酸素運動はウォーキングやジョギングなどでOK!運動が苦手な人はウォーキングから始めるのがおすすめです。
組み合わせた運動をすることで、脂肪を落すだけではなく、脂肪がつきにくい体にすることができますよ♪

脂肪を落す方法③太ももは骨盤のゆがみを改善

太ももの脂肪を落すためには、骨盤のゆがみを改善することがキーポイント。
骨盤がゆがんでいると余計な脂肪がつきやすくなり、なかなか落すことが難しくなってしまいます。
特に足を組む癖がある人は、骨盤がゆがんでいる可能性があるので注意が必要です。

おうちでできる骨盤ケアは骨盤をサポートするベルトやスパッツを履くのが手軽で便利!もし本格できに骨盤のゆがみを直したいときは、骨盤矯正などに通うのがおすすめです。また、骨盤がゆがむことでむくみやすくなっている可能性もあります。お風呂上がりなどにこまめなマッサージを毎日行って、血流を流してあげることも忘れずに♪

脂肪を落す方法④どうしても落ちないなら美容クリニックに行くのもあり?

ウエスト・二の腕・太ももなどのについた脂肪は簡単に落すことはできません。努力とそれなりの時間がやはり必要ではあります。そして、どんなに自力で頑張っても理想の体型にはなれず、挫折してしまうなんてこともあります。

どうしても脂肪を落としたいと強く願っているのなら、美容クリニックで助けてもらうこともありなのではないでしょうか。

美容クリニックには脂肪を落すことができる、注射や脂肪吸引などの施術が多く用意されています。自分の気になる度合いや部位に合わせた適切な施術方法を選ぶことで、高い効果を得られることができるでしょう!

美容クリニックに通うことも一つの手段!自分に時間とお金をかけることは何も悪いことではないので、自分にとって必要と思うなら一歩踏み出してみては?
でも、ちゃんと自分にあった美容クリニックを見つけ、適切な方法で脂肪を落としましょう♪

ダイエットは永遠のテーマですが、楽しく健康的に行うのが重要です!無理なダイエットは逆効果になることもあるので、自分の体調を見ながら挑戦してくださいね。