Iライン脱毛とは?

Iライン脱毛とは、デリケートゾーンの部位の一部。Vラインのさらに奥の陰部の両側、ふとももの付け根に生えているムダ毛を脱毛することです。

Iライン脱毛のメリット

デザイン性の高い水着や下着を身につけられる

Vラインよりも目立たないと思われがちなIラインですが、水着や下着姿になったときに、両サイドからムダ毛が出てしまうなど、意外と目につきやすい部位といえます。

Iラインを脱毛することで、周りの目を気にせずに自分の好きなデザインの下着や水着を身につけることができるようになります。また、動いてもムダ毛がはみ出る心配ないので、プールや砂浜などのレジャースポットに行ったときも、ムダ毛を気にせずに思う存分に楽しむことができます。

デリケートゾーンを衛生的に保つことができる

Iラインのムダ毛は、おりものや生理時の経血が付着して雑菌が繁殖し、不衛生な状態になります。雑菌の繁殖が、ムレや痒み、ニオイなどの肌トラブルを引き起こす原因です。

Iラインを脱毛することで、常に清潔な状態を保つことができ、快適に過ごすことができます。

自己処理による肌トラブルの軽減

Iラインは、自分の目で直接確認しながらムダ毛の処理がしにくい部位のため、肌を傷つけてしまう恐れがあり、綺麗に仕上げることも難しいです。

また自己処理をしても、数日後にはムダ毛が生えてきてしまい、チクチク尖った毛が肌や下着に擦れて、痒みや不快感を感じることもあります。

脱毛サロンやクリニックで脱毛の回数を重ねることで、毛が徐々に細くなり次にムダ毛が生えてくるまで2~3週間程度持続します。自己処理の煩わしさがなくなり、ツルツルなIラインを目指すことができます。

施術中恥ずかしくない?

Iラインの脱毛中の格好や体制が気になる方がほとんどでしょう。サロンやクリニックによって異なりますが、ガウンと紙ショーツの着替えが用意されています。

紙ショーツを少しずつずらしながらの施術のため、デリケートゾーン全体を露出することはないので、最初は恥ずかしいと思いますが、リラックスした気持ちで施術を受けましょう。

脱毛する際の注意点

施術前の自己処理について

施術予定日の前日や当日に自己処理をお願いされるサロンやクリニックがほとんどです。

Iラインは皮膚が薄くとてもデリケートなため、全体をハサミで短くカットし、肌を傷つけにくい電気シェーバーでの処理がおすすめです。カミソリなどで自己処理を行うと肌を傷つけてしまう恐れがあります。

生理中に脱毛はできるのか?

脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、衛生上の理由で生理中の脱毛を断られることがあります。タンポンの使用で施術が可能な場合もあるようです。

キャンセル料が発生する脱毛サロンやクリニックもあるため、施術の予約を取る際は注意しましょう。

脱毛サロン・クリニックの違い

脱毛サロンでは光脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射する時の熱が弱く肌の影響も少ないため、痛みを感じにくいのが特徴です。

クリニックで行われる医療脱毛はレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射パワーが強く肌への刺激や痛みを強く感じやすいです。しかしレーザーを扱う脱毛は医療行為にあたるため、万が一肌にトラブルが起こった場合は医師による診断を受けることが可能です。

Iライン脱毛に必要な回数

脱毛サロンの場合

脱毛サロンでのIライン脱毛では、個人差はありますが8回目くらいから徐々に自己処理が楽に感じてきて、12〜18回前後で脱毛の効果に満足したという方が多いです。

Iラインのみの脱毛をすると、Vラインとの繋がりが目立ちやすくなります。そのため、追加でVラインやOラインを脱毛することになり、費用や時間が追加でかかってしまいます。

デリケートゾーンのムダ毛が気になる方は、初めからVIOをセットで行うと良いでしょう。サロンによってVIOがセットになったお得なコースが用意されていることがあるので、脱毛したい範囲を明確にしてカウンセリング時に相談すると良いでしょう。

クリニックの場合

クリニックでは、照射パワーの強いレーザー脱毛を行うため、効果を実感することのできる期間が早く、施術回数が5〜8回前後とサロンに比べて少ないです。

サロン同様に、VIOのデリケートゾーンの脱毛がセットになったお得なコースが用意されていることがあるので、確認しておきましょう。

サロンやクリニックを選ぶ際の注意点

脱毛に通う頻度や予約の取りやすさ

脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、早くて2週間に1回のペースで脱毛に通うことできます。ですが、キャンペーンを利用した値段の安いプランの場合、3ヶ月に1回など脱毛に通う頻度に制限がある場合があります。

また、せっかく契約したのに、予約が取れない…。特に脱毛サロンで多い不満やトラブルが予約の取りにくさです。

サロンやクリニックによっては、回数分の予約をまとめて取れたり、会員サイトやアプリでキャンセル待ちの状況を確認することができるところもあるため、カウンセリングの際に確認すると良いでしょう!また営業時間が長く仕事終わりでも通うことのできるサロンやクリニックもおすすめです。

粘膜付近の脱毛の可否

脱毛サロンやクリニックによって、陰部の粘膜付近の脱毛可否が異なります。クリニックのほうが、粘膜付近の施術が可能なケースが多いようです。

事前のカウンセリングにて、こまかい脱毛範囲をしっかり確認しておくと良いでしょう。

まとめ

普段は下着で隠れて見えない部位ですが、ムダ毛を脱毛することでスッキリ快適に過ごすことができるようになります。

Iラインのムダ毛が太くて濃いため自己処理が不要になるまで毛を減らすには、他の部位よりもある程度回数が必要になるため、カウンセリング時に回数や仕上がりについて相談しておくと良いでしょう。