Vライン脱毛とは?

Vライン脱毛とは、デリケートゾーンの両サイド、両足の付け根のムダ毛を脱毛することです。別名「ビキニライン」とも呼ばれています。

Vライン脱毛のメリット

おしゃれを楽しむことができる

「水着の横からムダ毛がはみ出してしまい、プールや海辺で恥ずかしい思いをした」という経験談を、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

Vラインのムダ毛を脱毛することで、Tバックなどデザイン性のある下着や水着でもムダ毛のはみ出しを気にせずに身につけることができます。

自己処理による肌トラブルの軽減

Vラインのムダ毛を、カミソリや脱毛クリームなどのアイテムを使って自己処理をしている方が多いのではないでしょうか。自分の目で直接確認しながらムダ毛の処理がしにくい部位のため、肌を傷つけてしまう恐れがあります。また綺麗に仕上げることも難しいです。

脱毛サロンやクリニックではプロの方が施術してくれるため、安全かつ綺麗に、肌への刺激や負担をかけずに、ムダ毛処理を行うことができます。

デリケートゾーンを衛生的に保つことができる

ワキのムダ毛に比べてデリケートゾーンは、普段他人に見られない部位のため、脱毛する必要性を感じないという方も少なくないはず…。

しかしVラインを含むデリケートゾーンのムダ毛には、排出物や生理時の経血が付着しやすく、ムレや不快感につながり、肌荒れやニオイの原因となります。

ムダ毛を処理して衛生的に保つことができるのは、Vライン脱毛後に実感する大きなメリットといえるでしょう。

脱毛する際の注意点

Vラインのデザインを決める

Vラインの脱毛を行う前に、どんなデザインしたいかをしっかり考えておく必要があります。人気のある4つのデザインを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Vラインのムダ毛を全て処理してVIOゾーンに全くムダ毛が生えてない状態の「ハイジニーナ」、逆三角形の形のようにムダ毛を自然に整える「逆三角形」、四角形の形に整える個性的なデザインの「スクエア」、最低限のムダ毛のみを残してデザイン性の高い水着や下着を着こなしやすい「Iライン」の4つが、人気のあるデザインです。

施術前の自己処理について

施術予定日の前日や当日に自己処理をお願いされるサロンやクリニックがほとんどです。

Vラインはとてもデリケートなため、肌を傷つけにくい電気シェーバーでの自己処理がおすすめです。カミソリなどで自己処理を行うと肌を傷つけてしまう恐れがあります。

生理中に脱毛はできるのか?

脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、衛生上の理由で生理中の脱毛を断られることがあります。タンポンの使用で施術が可能な場合もあるようです。

キャンセル料が発生する脱毛サロンやクリニックもあるため、施術の予約を取る際は注意しましょう。

脱毛サロン・クリニックの違い

脱毛サロンでは光脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射する時の熱が弱く肌の影響も少ないため、痛みを感じにくいのが特徴です。

クリニックで行われる医療脱毛はレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射パワーが強く肌への刺激や痛みを強く感じやすいです。しかしレーザーを扱う脱毛は医療行為にあたるため、万が一肌にトラブルが起こった場合は医師による診断を受けることが可能です。

Vライン脱毛に必要な回数と値段

脱毛サロンの場合

脱毛サロンでのVライン脱毛では、個人差はありますが8回目くらいから徐々に自己処理が楽に感じてきて、12〜18回前後で脱毛の効果に満足したという方が多いです。

Vライン脱毛はキャンペーンを行なっている場合があり、安いサロンだと100円から長期的なプランを利用することができます。

クリニックの場合

クリニックでは、照射パワーの強いレーザー脱毛を行うため、効果を実感することのできる期間が早く、施術回数が5〜8回前後とサロンに比べて少ないです。

Vライン脱毛5回の相場は3万円前後となっており、他の部位よりもリーズナブルな値段といえます。

サロンやクリニックを選ぶ際の注意点

キャンペーンの有無

特に脱毛サロンの場合は、キャンペーンを利用することで100円とリーズナブルな値段でVライン脱毛をすることができます。少しでも費用を抑えたい方は、キャンペーンを行なっている気になる脱毛サロンやクリニックを選ぶようにしましょう。

脱毛に通う頻度や予約の取りやすさ

脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、早くて2週間に1回のペースで脱毛に通うことできます。ですが、キャンペーンを利用した値段の安いプランの場合、3ヶ月に1回など脱毛に通う頻度に制限がある場合があります。

また、せっかく契約したのに、予約が取れない…。特に脱毛サロンで多い不満やトラブルが予約の取りにくさです。

サロンやクリニックによっては、回数分の予約をまとめて取れたり、会員サイトやアプリでキャンセル待ちの状況を確認することができるところもあるため、カウンセリングの際に確認すると良いでしょう!また営業時間が長く仕事終わりでも通うことのできるサロンやクリニックもおすすめです。

まとめ

色々なファッションが流行する中で、デリケートゾーンの脱毛をしている女性は、年々増加傾向にあります。

Vラインは自分で綺麗に処理することが難しく、すぐにムダ毛が生えてしまうため、自己処理の煩わしさもあります。しかし脱毛サロンやクリニックで施術することで、自分の好みのデザインにすることができ、納得のいく仕上がりが期待できます。

キャンペーンを利用することでお得に脱毛することができるため、気になるサロンやクリニックが見つかったら一度カウンセリングに足を運んでみてはいかがでしょうか?