乳輪周りの脱毛とは?

乳輪周りの脱毛とは、乳輪の外周のムダ毛を脱毛することです。乳輪部分から生えているムダ毛には照射をすることができません。乳輪の着色はメラニン色素によるものなので、照射すると火傷をする恐れがあります。

乳輪周りには産毛の他に太い毛が生えてくることがあります。妊娠や出産によるホルモンバランスの変動で、毛質が変化することもあるようです。

乳輪周りの脱毛をするメリット

自己処理による肌トラブルの軽減

乳輪周りの皮膚は薄くデリケートなため、他の部位と同じように自己処理をした際に、肌に負担をかけやすくなってしまいます。またどれだけ丁寧に自己処理をしても、肌を傷つけてしまったり、肌が荒れてしまう可能性があります。

脱毛サロンやクリニックではプロの方が施術してくれるため、肌を傷つけずに繊細な箇所も安全に脱毛することができます。

綺麗なバストになる

乳輪周りは普段は見せない部分ですが、友達との温泉旅行に行った際など服を脱いだときに気になりますよね。

乳輪周りのムダ毛を脱毛することで、産毛がなくなるため肌のトーンが明るく見えるようになります。また、ムダ毛が原因によるあせもやニキビといった肌トラブルの軽減にもなります。

脱毛する際の注意点

施術前の自己処理について

施術予定日の前日や当日に自己処理をお願いされるサロンやクリニックがほとんどです。

乳輪周りはとてもデリケートなため、肌を傷つけにくい電気シェーバーでの自己処理がおすすめです。カミソリなどで自己処理を行うと肌を傷つけてしまう恐れがあります。

こまめな保湿を心がける

乳輪周りの肌は、薄くてきめ細かいデリケートなため、入念な保湿が好ましいです。特に施術から数日間はオイルや保湿クリームを使って、乾燥には十分に気をつけましょう。

脱毛サロン・クリニックの違い

脱毛サロンでは光脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射する時の熱が弱く肌の影響も少ないため、痛みを感じにくいのが特徴です。

クリニックで行われる医療脱毛はレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方式で、照射パワーが強く肌への刺激や痛みを強く感じやすいです。しかしレーザーを扱う脱毛は医療行為にあたるため、万が一肌にトラブルが起こった場合は医師による診断を受けることが可能です。

乳輪周りの脱毛に必要な回数

脱毛サロンの場合

脱毛サロンでの胸の脱毛では、個人差はありますが8回目くらいから徐々に自己処理が楽に感じてきて、12〜16回前後で脱毛の効果に満足したという方が多いです。

クリニックの場合

クリニックでは、照射パワーの強いレーザー脱毛を行うため、効果を実感することのできる期間が早く、施術回数が5〜8回前後とサロンに比べて少ないです。

サロンやクリニックを選ぶ際の注意点

予約の取りやすさ

せっかく契約したのに、予約が取れない…。特に脱毛サロンで多い不満やトラブルが予約の取りにくさです。

サロンやクリニックによっては、回数分の予約をまとめて取れたり、会員サイトやアプリでキャンセル待ちの状況を確認することができるところもあるため、カウンセリングの際に確認すると良いでしょう!また営業時間が長く仕事終わりでも通うことのできるサロンやクリニックもおすすめです。

まとめ

乳輪周りの脱毛をすることで、定期的に行う自己処理から解放され、綺麗なバストを手に入れることができます。

乳輪周りのムダ毛は、太い毛や産毛のように細い毛といった毛質に個人差があるため、回数やプランについて一度カウンセリングに行って相談するのが良いでしょう。